Photoshopで曇り空を青空にする方法

こんにちは、ツイキリエです。(@twinky1001

今までほとんど制作ネタを載せていませんでしたが、Webデザイナー歴はかれこれ12年せっかくなので便利ネタや新しく知った事など、今後お伝えしていきたいと思います。

「曇り空の写真を青空にしてください。」と先日依頼がありました。

日常でも仕事でも、青空にしたいシチュエーションってよくありますよね。

今回はAdobeのPhotoshopを使用した方法でご紹介します。ちなみに使用する写真はオーストリアのザルツブルクに旅した時の写真を使います

どんより…しかもこういう写真は全体を一気に明るくすると、空も飛んでしまう。

こんな感じに直していきます!それでは早速始めましょう

特定色域の選択で空の色を変える

(1)レイヤー > 特定色域の選択…

(2)特定色域の選択

(3)色域指定…

(4)スポイトで空を選択。空がなるべく白色になるように許容量で調整。完了したらOK。

(5)レイヤーで白黒になっている箇所をaltを押しながら選択

(6)空以外の箇所を黒のブラシで塗りつぶす。(白色の箇所だけこの後色を調整するため)ここが既に黒で綺麗に塗りつぶされている方はやらなくてOKです。

(7)空の色を変更していきます!左のブロックみたいのをダブルクリック

(8)中間色系を選択し、シアン、マゼンタ、イエロー、ブラックで空の色を調整していきます。

青空になった〜

空以外の箇所を調整

空が青空になっただけでもう十分!という方はもうここで終了です!私の写真は空以外も暗かったので、そこも調整していきます。あともう少し!

(9)写真レイヤーをクリック。レイヤーで白黒になっている箇所をcommandを押しながら選択。選択範囲 > 選択範囲を反転(command + shift + I)。

(10)調整レイヤー > 明るさ・コントラストを選択。(こちらはトーンカーブやレベル補正などお好きなもので調整して頂いてOKです)

(11)色味を調整します。空以外の箇所だけ反映されます。

(12)完成〜〜〜

晴天のザルツブルクになりましたお疲れさまでした!