リスボンで見つけた「Casa Portuguesa do Pastel de Bacalhau」でバカリャウ+ワイン片手にお洒落休憩

ポルトガルに来てから初めて食べたバカリャウ「Casa Portuguesa do Pastel de Bacalhau」というコメルシオ広場近くで見つけたお店。あまりの美味しさにその後もバカリャウを食べ続けるきっかけになりました。

バカリャウとは

ポルトガルの人々にとってのソウルフード、Bacalhau(バカリャウ)。タラの塩漬けの干物、またはそれを用いた料理のことを指すそうです。よくよく思い返すとスーパーに行くとすごく大きな干物がドーンとありました。それがバカリャウだったんですね

外観も内装も素敵なお店


コメルシオ広場の帰りにたまたま発見。とても賑わっていて一見パン屋さんかなと思って入ってみたら、作っている様子もこれまたお洒落!


天井を見上げるととても高くてまた素敵!



そして分かりました!コロッケですね(笑)「パスティシュ・デ・バカリャウ」というのはバカリャウのコロッケという意味だそうです

いざオーダー

チーズ入りとなしが選べましたが、もちろん私はチーズ入りそしてポルトガルワインもセットでオーダー。むしろメニューは、このバカリャウコロッケとワインとお水とコーヒーしかありませんでした。優柔不断なので選択肢が少ないと助かります…そしていざ外のテラスへ。


こんな感じにお洒落パッレットにセットしてくれました!ワインとコロッケ片手に持って素敵。なんてポルトガルだから成せる技


写真ボケボケですみませんでも味は最高に美味しかったです。ほくほくじゃがいもにチーズがとろり。干しダラの塩気が効いていてワインととっても合います。書いていてまた食べたくなってきてしまったちょっとした小休憩にぜひオススメです!

Casa Portuguesa do Pastel de Bacalhau 店舗情報

http://en.pasteisdebacalhau.com/