【台湾配車アプリ】台北、台中、高雄はUber!台南、台東は台灣大車隊55688を利用

2019年6月、台湾をぐるりと(台北、台中、台南、高雄、台東)旅してきました。その時に使った配車アプリをご紹介します

配車アプリとは

配車アプリなしにもう旅はできません

配車アプリとは、迎えに来て欲しい場所と目的地を入力するだけで価格も事前に分かり、行きたい場所にスムーズに行ける、タクシーがもーっと便利になったようなもの。

しかも、クレジットカードを登録しておくと降車時に自動で引き落としになります。運転手さんが今いる場所もアプリ上で常に把握できるので、ぼったくりや変なルートを走行する心配もありません

行き先を事前に入力しているので、言葉が通じない、運転手さんがその場所を知らない、あー困った・・がなくなって感動

台北、台中、高雄はUber(ウーバー)

台湾で利用した配車アプリは結論から言うと、台北、台中、高雄はUber(ウーバー)です。

タイやベトナムではGrab(グラブ)という配車アプリを使っていたのですが、台湾はGrabは使えず、Uber(ウーバー)が主流でした。

【タイとベトナムで使ってみました】便利すぎる!東南アジアのタクシー配車アプリGrab(グラブ)の使い方

2018-05-17

台湾でもどの車に乗ってもとても綺麗でしたし、トラブルも一切ありませんでしたしかもとっても安かった〜!!

この画面は、Uberがあと5分で到着し、今どこを走っているか分かります

クレジットカードも登録していたので目的地に着くとその場で決済され、すぐに降車出来る身軽さがたまらない。そして領収書がすぐにメールで送られてきます。

メールに届いた領収書。どこのルートを走ったかも合わせて送られてくるので、あとで見直す時も便利!

目的地を事前に登録しておくとすぐに呼び出せるのでスムーズ日時予約も出来ます。朝の5時頃ホテルを出発したかった日、前日に予約をしておきました!

Uber

Uber

Uber Technologies, Inc.無料posted withアプリーチ

台南、台東は台灣大車隊55688

いまだに読み方が分からないのですが(すみません)台南と台東は台灣大車隊55688というアプリを使いました。Uber(ウーバー)が走っていなく。

ただ、台灣大車隊55688は難易度がちょっと高いです(笑)

なぜなら管理画面が全て中国語なのです漢字なのでなんとなく分かると言えば分かるのですが、分からないと言えば分からないような・・でも慣れるとすぐに大丈夫になりましたので、タクシーが捕まらず困った時にはぜひオススメします。

台灣大車隊55688の使い方は、すみません、改めて載せますので少々お待ちくださいませちなみに台灣大車隊55688は、台南、台東以外でも台湾のほぼ全ての都市で利用できます。

台灣大車隊 55688

台灣大車隊 55688

TaiwanTaxi Co., LTD.無料posted withアプリーチ

通常のタクシーに乗る時のコツ

配車アプリをご紹介しましたが、もちろん普通にタクシーに乗る場面もあると思います。そんな時、とっても大活躍だったのが・・

ノートとペン!!

結局アナログ(笑)

タクシーの運転手さんは英語が通じないことも多いですし、そもそも私自身行き先を中国語(台湾語)で伝えられないでもノートに漢字で行き先と住所を書けば、間違いなく理解してもらえるのでスムーズに目的地に行けます。

こんな感じで書いていました

スマホだと「小さくて見えない・・」となることもあるので、ノートに大きく書いた字をドーン!と見せると間違いありませんでした。

アプリでサクサクとスムーズに乗ってみたり、ノートとペンを持ってコミュニケーションを取りながらアナログな旅をしてみたり、台湾ではタクシーだけでも色々な旅を楽しめました