【海外で余った外貨は電子マネーやギフトコードに交換】ポケットチェンジが便利!

海外旅行の帰り、特に硬貨が余ってしまい困った経験はありませんか?

私ポケットチェンジの存在を知った時はとっても感動しました外貨(硬貨や紙幣)をこのポケットチェンジの機械に入れると即座に電子マネーやギフトコードに交換してくれるんです!

今まで紙幣は両替出来るとしても(とは言え手数料が高いですが)、硬貨に関しては空港で募金する、また使おうと思いつつもついつい忘れてしまう、そして家で眠ってしまう。みたいな感じでした

中国元からAmazonギフト券に交換の流れ

ポケットチェンジの設置場所は国内の主要空港始め、全国様々な場所にあります。今回私は、中国からの帰りに新千歳空港で、中国元をAmazonギフト券に交換してきました。


新千歳空港は国際線到着ロビーの2階にあります。エスカレーターの横です


中国元を握りしめ、いざ…!


硬貨と紙幣を機械に入れるとすぐに計算がスタート!今回は中国元だけでしたが、他の外貨も合算できるようです。

ちなみに今回の余った中国元

ワクワクしながら結果を見ると

合計で

136円でした。

そっか、そっか


とは言えありがたい136円!交換先でAmazonのギフト券を選択。


するとこんな感じでAmazonのギフト券番号が記載された紙が印刷されました。早い!簡単!とってもスムーズ!本当に簡単
後日早速Amazonでお買い物をしてみることに。


お買い物最後の画面でこの「Amazonギフト券・Amazonショッピングカードまたはクーポン」のところに番号を入力すると、無事に割引が適用されました

交換先

今回私はAmazonギフト券に交換しましたが、他にも色々あります。

交換先(※2018年6月現在)
交通系電子マネー、楽天Edy、App Store & iTunes ギフトカード、Amazonギフト券、WAON、nanacoなど

設置場所

ポケットチェンジの設置場所は国内の主要空港始め、全国様々な場所にあります。最初に知った時に比べ、かなりの勢いで増えているのですごいです。ありがたい

設置場所(※2018年6月現在)
北海道:新千歳空港 国際線到着ロビー、MEGAドン・キホーテ 札幌狸小路 本店
東北:仙台国際空港、JR仙台駅2階、エスパル仙台、JR本塩釜駅
関東:羽田空港 国際線ターミナル、京急線 羽田空港国際線ターミナル駅、羽田空港国内線旅客ターミナル 第1・2ターミナル、成田空港 第1・2ターミナルTRAVEL HUB MIX、re:Dine GINZA、H.I.S. 新宿本社営業所、MEGAドン・キホーテ渋谷本店 1階・3階、渋谷ちかみち WANDER COMPASS内、BOOKOFF 池袋サンシャイン60通り店、東急トラベルサロンレミィ五反田店、ASOBUILD (アソビル) 1階、川崎DICE、東急トラベルサロン二子玉川駅、東急トラベルサロンたまプラーザテラス店
、東京大学 本郷キャンパス、慶応義塾大学 三田キャンパス西校舎、早稲田大学 早稲田キャンパス17号館
中部:中部国際空港旅客ターミナルビル
近畿:関西空港 国際線出発ゲートエリア 北ウィング・南ウィング、関西空港 国際線到着フロア、ドン・キホーテ 道頓堀御堂筋店、関西ツーリストインフォメーションセンター 大丸心斎橋店、ドン・キホーテ 梅田本店、日本旅行 TiS大阪支店、日本旅行 TiS三ノ宮支店、日本旅行 TiS京都店
中国:H.I.S. 岡山駅前営業所、H.I.S.広島本店
九州:福岡空港 国際線旅客ターミナルビル、H.I.S. 福岡パルコ営業所、変なホテル ハウステンボス、WANDER COMPASS BEPPU (別府)

最新情報は、ポケットチェンジの公式サイトでご確認ください。

対応通貨

今時点の対応通貨は10通貨。

対応通貨(※2018年6月現在)
お札・コイン対応通貨:米ドル、ユーロ、中国元、韓国ウォン、日本円
お札のみ対応通貨:香港ドル、タイバーツ、台湾ドル、シンガポールドル、ベトナムドン

こちらも最新情報はポケットチェンジの公式サイトでご確認ください。ありそうでなかった便利なサービス!しかも外国から来た方も日本円が余れば、自国で使えるサービスに交換できるみたいです。これからは安心して外貨余らせて帰国出来ますね

交換レートがお得になるクーポンコード

実際にポケットチェンジを利用される際、交換レートがお得になるクーポンがあります。

クーポンコード
9906694

ポケットチェンジ最後の画面で「クーポンをお持ちの方」というボタンを押してこちらを入力します。ちょっとでもお得になるのは嬉しい

PROFILEプロフィール

mm

旅するノマドワーカー35歳の時、家を引き払い海外ノマドワーカーに。仕事をしながら旅するスタイルで、現在まで29ヶ国95都市渡航。このブログでは、旅が楽しくなる役立つ情報をお伝えしていきます。
詳しいプロフィールはこちら