【ドバイに来たら食べて欲しい】中東のフムスとタブーリ!美味しくてオススメのレバノン料理店

こんにちは、ツイキリエです。(@twinky1001)

ドバイに来てから初めて知ったHummus(フムス)とTabouleh(タブーリ)。初めて食べた時から、その美味しさにハマってしまいました。

週に何回食べてるんだろう。。

ちなみにフムス、私はずっとレバノン料理だと思っていましたが、中東の広い地域で昔から親しまれてきたソウルフード的な存在、との事でした。フムフム。

レバント地方発祥の伝統的なアラブ料理であるフムスは、パレスチナ、レバノン、ヨルダン、シリア、イラク、ギリシア、キプロス、イスラエルなど中東の広い地域で食べられている。(Wikipedia

ドバイでフムスで調べてみると、必ず上位に出てきたのがこちらのAL SAFADI(アル・サファディ)というレバノン料理のレストラン。初めてのフムスとタブーリはここで頂きました〜。

入ってみると思いの外中が広い!奥へ奥へ。

かなり混んでいて、エミラティ(アラブ首長国連邦の人たち)も多く、子供達も多く家族連れで賑わっていました。という訳で店内の撮影は遠慮しました。なのでお皿をパチリ。

まずはフムスとタブーリを注文!ここのメニューは全て写真付きだったのでよかった〜。

ちなみにフムスとは、

ゆでたヒヨコマメに、ニンニク、練り胡麻、オリーブオイル、レモン汁などを加えてすりつぶし、塩で調味したペースト状の料理。(Wikipedia

はい、フムス来ました〜!こちらです。AED22(※約660円)

美しい!!これがヒヨコマメのペーストだったとは。よく見かけてはいたのですが、本当に全くこれが一体何なのか、想像つかないでいました。

お隣はピタパン。ここのピタパン熱々の出来たてです。

そしてタブーリも来ました。ちなみにタブーリとは、

トマト、ミント、タマネギ、ブルグア、そしてオリーブオイル、レモン汁、塩、コショウで味付けした、主に細かく刻んだパセリで作られたレバントのベジタリアンサラダ。(Wikipedia

ほぼパセリです!パセリがこんなにも主役になるなんてすごい。AED25(※約750円)

食べ方は、このピタパンにフムスとタブーリを挟んで頂くというシンプルな流れ。とは言え食べ方が正解なのか自信がなく、一人でソワソワしていたのですが、食べた瞬間ビックリ!

すごい美味しいーーーーーーー

クセがなくて素直に美味しい。特にフムスはヒヨコマメの優しさが全体にありながらも、しっかりと味がついていて、ピタパンが止まらない!タブーリが味のアクセントになっている。

しかも熱々のピタパンが次から次へと追加される!

今回は一番シンプルにこの組み合わせですが、他にも色々な具材を挟んだり、タブーリをお肉料理と一緒に食べたりと、私もまだまだ挑戦しなきゃいけない事だらけです。

ちなみに、これは前菜です。私はこの時、前菜でお腹がいっぱいになってしまい、しかも半分くらいしか食べれず、前菜を半分でお持ち帰りしました(笑)。

きちんと個装してくれて、しかもピタパンが増えていました今度はメイン料理までたどり着きたい!

ちなみにスーパーでは、その場で作られたフムスやタブーリがあって、量り売りで買えるので、ピタパンも一緒に買って手軽に食べています

店舗情報

Al Safadi
http://www.alsafadi.ae/

※ドバイには4店舗あり、私はメトロ駅Financial Centre Station近くの店舗に行きました。

※2019年8月現在:1AED=約30円

PROFILEプロフィール

mm

旅するノマドワーカー35歳の時、家を引き払い海外ノマドワーカーに。仕事をしながら旅するスタイルで、現在まで29ヶ国95都市渡航。このブログでは、旅が楽しくなる役立つ情報をお伝えしていきます。
詳しいプロフィールはこちら