海外安全情報(2020.3.31)
外務省より、全世界に対し渡航中止や不要不急の渡航を止めるよう措置が出されています。旅好きのみなさま、今は海外旅行を中止し、でも充電期間としてまた旅に行ける日を楽しみに過ごしていきましょう。1日も早くウィルスが収まる事を願います。

【スリランカへの入国(※2020年2月)】コロナウィルスチェック用紙記入/サーモグラフィ検査/入国制限なし

こんにちは、旅するノマドワーカーの対木理恵(ついきりえ)です。(@twinky1001)

私がスリランカを訪れたのは2020年2月23日。世界的にコロナウィルスがさらに広がり始めた時期です。世界各国で入国規制が始まった中、スリランカはまだ特に規制などなく、唯一以下の2点だけでした。

  • コロナウィルスに関するチェック用紙の記入
  • サーモグラフィ検査

コロナウィルスに関するチェックシート

機内にて配布されたのが、14日以内に中国への渡航履歴がないか、熱や体調不良などがないかのチェック用紙。記入したこの用紙を到着後、空港で渡しました。(スリランカ航空利用)

赤外線サーモグラフィ検査

全員が赤外線サーモグラフィ検査を通り、入国審査へ。

渡された資料

空港で渡されました。コロナウィルスに関する症状についてや、症状が出た時の病院の連絡先など。

コロナウィルスに関するWebサイト

結局、私がスリランカに滞在していた2020年2月23日〜3月1日までは、特にコロナウィルスに関する日本人に対しての入国制限や行動規制などは行われていませんでした。ただ、今後は状況が変わることが予想されますので、ぜひ最新情報をご確認の上、旅行をご検討されてください。

たびレジへの登録
スリランカに限った事ではありませんが、その国の最新情報や緊急情報などがメールで送られてくるので、海外旅行の際はぜひ。
外務省 海外安全情報配信サービス|たびレジ

ちなみに、スリランカの人たちは2019年4月に起きた「スリランカ連続爆破テロ事件」で観光客が一気に減り、今やっと少しづつ復活してきた所にこのコロナウィルスがきてしまいとても残念…という話をしていました。

本当に、1日も早く収束することを願います!!そしてまた必ずスリランカを訪れたいです。