海外安全情報(2020.3.31)
外務省より、全世界に対し渡航中止や不要不急の渡航を止めるよう措置が出されています。旅好きのみなさま、今は海外旅行を中止し、でも充電期間としてまた旅に行ける日を楽しみに過ごしていきましょう。1日も早くウィルスが収まる事を願います。

ラマダン時期に断食の終わりとIftar(イフタール)の始まりを告げる衝撃の大砲【ドバイ】

これはなかなか衝撃でした

今年2019年は5月6日から始まったラマダン。ラマダン期間中イスラム教徒の方々は日の出から日没まで飲食をしません。

非イスラム教徒の私たちは飲食は出来ますが、場所がかなり限られます。営業している所でもイスラム教徒の方々に配慮して、こんな感じでパーテーションなどで中が見えないようになっています。

で!日没後イフタール(断食後の食事)が始まる際、一斉にそのカーテン等が外される訳ですが

そのタイミングっていつ??

ふと思って検索するとなんと・・

大砲が発砲される、と!

えー気になる!行くしかありません(笑)調べると2019年の場所は6箇所。

大砲の場所
・Burj Khalifa(ブルジュ・ハリファ)
・Al Mankhool
・Al Baraha
・Fort Island at Madinat Jumeirah
・City Walk(シティ・ウォーク)

ただ、その年によって場所が変わるかもしれないのでWHAT’S ONTime Out Dubaiでチェックして見てくださいね。私はブルジュ・ハリファに行ってきました!

ブルジュ・ハリフへはドバイモールを通って。ラマダン時期のモールはラマダンの装飾がされていて綺麗。ドバイモールもこんな感じでした

大砲どこどこ…とキョロキョロして、警備員の人に

大砲(Cannon)どこですか?

と訪ねたのですがなぜか全く通じず、ちょっと私変な人みたいな空気になってもしかしてすごい変な事聞いてる?!と焦ってその場から慌てて立ち去りました(笑)

それでも意地で見つけました!(本当は分かりやすいんですかね?)ブルジュ・ハリファの隣にDubai Opera(ドバイ・オペラ)があるのですがそちら側の芝生でした!

発見!

もっと厳粛なイメージかと思いきや、観光客のみなさん大砲の前で将校の方々と一緒にパシャパシャと記念撮影。

そうこうしているうちに「柵まで下がって!」と言われて移動。急にちょっとドキドキ

いよいよ!!

と見ているうちに急に怖くなって(笑)後ろに移動した私。

そして・・・

ついに・・・

ドーーーーーーン!!!

ひゃーーーーーーー!!!!

心臓に悪いーー!!!!

本物の大砲なんて初めてです。衝撃でした。

そして同時にこれで戦争や内戦をしているのだと思うと、急に気持ちが凹んでしまった私・・

とは言え

1960年代以降、毎日iftarを発表するために大砲を使用することが伝統となっています。

この伝統を間近で見ることが出来てありがたみも感じました。

イスラム教徒のみなさんこの時間まで本当に本当にお疲れさまでした。

と心の中でしみじみと思ったのでした。ちなみに写真は動画で撮っていたので徹底的瞬間の一枚を切り取る事が出来ました!



この短時間のものすごい緊張感と達成感を得たドバイ・オペラからドバイモールへの帰り道。とても綺麗でした。その後噴水ショーがありましたが一人しばらく放心状態(笑)