海外安全情報(2020.3.31)
外務省より、全世界に対し渡航中止や不要不急の渡航を止めるよう措置が出されています。旅好きのみなさま、今は海外旅行を中止し、でも充電期間としてまた旅に行ける日を楽しみに過ごしていきましょう。1日も早くウィルスが収まる事を願います。

【ウラジオストクのロシア料理】ロシア風水餃子のペリメニ専門店「ローシキ・プローシキ」

こんにちは、旅するノマドワーカーの対木理恵です。(@twinky1001)

ウラジオストクでロシア料理店をお探しの方、ペリメニが気になる方にオススメのレストランをご紹介します

ガイドブックを見て(ウラジオストクでは地球の歩き方の「Plat」を参考)、そしてYouTubeでも紹介されているのを見て実際に行ってみました。ちなみにこの時の旅は、母、叔母、姉との4人旅です。

ペリメニ専門店の「ローシキ・プローシキ」

ぺリメニって?
ロシア語で「пельмени(ペリメニ)」。小ぶりでひと口サイズのロシア風水餃子のこと。

実は行った時はペリメニ専門店と知らずに行ったのでした(ただなんとなく店内の可愛さに惹かれて)。。でもちゃんと最後にペリメニ頼んだのでよかった(笑)

ペリメニ専門店ですが、ロシア料理の種類もかなり充実!さらに助かったのが日本語のメニューがある!(ちょっと変な箇所はあるけどそれはご愛敬で・笑)

前菜(Закуски

ロシアでメニューを見ると前菜が必ず載っていますが、Закуски(ザクースカ)」と言います。毎回数字の「З」が載っているので気になっていて・・ロシア語のキリル文字で「3」はローマ字の「Z」だそう。読めそうで読めないキリル文字・・興味深い

今回頼んだ「Закуски(ザクースカ)」はビーツをはじめ、ピクルスなどの野菜が色々入っている前菜。

色がカラフルで可愛い。ちなみにビーツはボルシチにも使われる濃い赤紫色が鮮やかな野菜です。

ボルシチ

ロシア料理と言えばボルシチ!!

ボルシチは先ほどのビーツを使ったスープ。12月で寒かったウラジオストク観光の休憩に、ほっと気持ちまで温まりました 優しい味でボルシチ好きです〜

ちなみに奥はオレンジジュース・・ではないです。「シーベリー」というスーパーフードの一つで黄色い実のジュース。

ペリメニ

さすが専門店!実際に種類がたくさんありました。

選んだのはキャベツの水餃子。モチモチで美味しい!ペリメニ、日本人は好きですね〜きっと

ここのお店だからなのか、ロシアの料理店は全体にそうなのか、合わせて食べるソースを毎回聞かれました。ソースの種類もかなり充実!

セリョトカ(ニシンの塩漬け)

写真を撮り忘れたのですが、これも美味しかった~!

ニシンの塩漬けと玉ねぎとスライスされたジャガイモ。この組み合わせが本当によく合う!!一気にパクリでした!!

お会計(4人分)

これらの他にカツレツを頼んだので

  • 前菜1
  • メイン4つ
  • 飲み物4人分
  • 【合計】2,210ルーブル(約3,885円)

1人当たり1,000円以下。
あとここはピロシキも美味しいと有名だったそうで、逃してしまい残念。。行かれた方はぜひ

お店情報

ぺリメニ専門店「ローシキ・プローシキ」
(ロシア語名:Ложки пложки)

Svetlanskaya St, 7, Vladivostok
Instagram@lozhki_ploshki

入口がグリーンで目立つので分かりやすいです!

※2020年1月現在:1ルーブル=約1.7円

ロシア・ウラジオストク旅行基本情報【場所・直行便・ビザ・物価・治安・言葉・タクシーアプリ・ネット環境は?】

2020-01-21